志と決意

大好きな西宮市の将来をほっとけない。

私は西宮で生まれ育ちました。西宮で学び、働き、家庭を築きました。
「大好きな西宮市を、将来ずっと大好きなままでいたい」
「子供たちが将来、大人になった時も西宮を大好きでいてほしい」
地域と市政をしっかり繋げば、これが成せると信じています。

☆★☆投票に行こう☆★☆

選挙って何?と考えれば、社会やみんなの暮らしを良くしていくために、自分たちの想いの代弁者として活動する政治家をひとりひとりの投票によって決めることです。

私は2018年春の西宮市議会議員補欠選挙にて当選し、この1年間、議員の職を預からせて頂きました。

この一年の議員活動は、地域の方々の健康な生活を守るために出来ることを常に考えながら、医療や介護の現場の声を市政へ届ける事に、持てる力を注ぎました。

これまで、患者さんやそのご家族と直接かかわる医療の現場で働いてきましたが、この一年間の議会を通しての活動も、患者さんやそのご家族に貢献できる活動だったと感じております。

議員は、皆さんに頂いた票のひとつひとつで当落が決まり、票と言う形で頂いた皆さんからの信託に応えるために活動していくものです。

当選した方に投じられた票も、落選した方に投じられた票も、ひとりひとりが投じた一票はそれぞれが大切だと感じています。

『自分が投票に行っても西宮市は変わらない』

このように感じている方がいるかもしれませんが、そんなことはないんです。

 

是非、投票に行って欲しい。

 

出来れば、選挙のあと、候補者がどのような事をしているかを見て頂きたい。

そうすれば、西宮市はもっと笑顔あふれる住みよい街になると信じています。

 

①健康≪幸せな生活の基礎となる、市民の健康を守る≫

幸せな生活を営むには、家族全員の健康が欠かせません。
高齢化社会を迎え、健康や介護の問題はどこの家庭でも起き得る問題です。
普段、薬剤師として薬局で働いており、多くの患者さんとお話します。在宅医療においては患者さんの家に訪問し、患者さんやそのご家族・介護に携わる方々とも色々なお話しをします。
続きを読む→

②≪子どもの立場で考える子育てと教育≫

子育てするなら西宮市。
このようなフレーズを耳にすることもあるかと思います。
私には幼稚園に通う娘がいます。西宮で子育てをしているので、実感として理解できる部分もあります。
続きを読む→

③災害対応≪過去の経験を活かした受援体制整備≫

1995年、西宮市を襲った阪神淡路大震災から23年が経ちました。
当時の私は高校3年生で、センター試験の翌々日。苦い記憶ばかりが残っていますが、現在の自身の活動に大きな影響を与える出来事でした。
続きを読む→

④目指す政治≪すべての市民が主役の政治≫

政治の主役は私たちです。
「自分が投じた一票で市政が動いている実感を持つことが出来る政治」これを目指します。
市議会議員の仕事とは何でしょうか? 色々なものが思い浮かぶと思います。
続きを読む→

 

配布資料ダウンロード

配布資料ダウンロード

ページの先頭へ

以下、検索エンジンの表記揺れ対策用文字列です。植田篤治,植田,篤治,うえだ篤治,植田あつし